スポンサーリンク

雇われない生き方と就職のメリット・デメリットをまとめてみた

大企業で副業が認められたり、会社を辞めてフリーランスや起業した、という話を耳にしたりする方は多いと思います。

今会社や学校に行っている方で、就職するか、フリーランスや経営者などの「雇われない生き方」をしようか迷っている方のために、それぞれのメリット・デメリットについて簡単にまとめてみました。

将来の自分の仕事のあり方について、迷っている方は必見です。

今回のポイントは、

・起業に必要なのは、能力より「夢や目標」

 

・自分に適した働き方は、自分自身で見つけられる!

ということです。

なお、近年のITを使ったビジネスの台頭により、フリーランスと起業の間に大きな差はなくなってきました。

よって、今回はフリーランスと経営者をまとめて、「雇われない生き方」と定義しています。

では早速、メリットとデメリットを順に見ていきましょう。

スポンサーリンク

雇われない生き方と就職のメリット

雇われない生き方のメリット

・自分のやりたい仕事を中心にできる

・自分の働きたい時間帯で働ける

やはり「好きな仕事」「自由な時間」が手に入ることが大きなメリットと言えるでしょう。

(経営者については、完全に自由とはいかないかもしれませんが、他人の力を借りることができる分、フリーランスより金額的なメリットは大きくなります)

フリーランスの方のブログやSNSを見たところ、会社に就職したくない、あるいは辞めた理由として特に多いのは、「自由な時間が少ない」ということでした。


確かに、同じ会社で同じ職場で働いていたとしても、将来に向けてスキルアップしていきたい方向は、それぞれ違うこともあります。

会社の方針と自分の方針が合わない場合は、会社から独立するというのは、良い手段であると言えそうです。

就職のメリット

・社会保障が手厚い

・責任や仕事量が分散されやすい

「社会保障」については、主に厚生年金と国民年金の差が挙げられます。

厚生年金は国民年金に、企業と従業員の折半で賄われている掛け金がプラスされます。

ほとんど同じ手取り額で働いていたとしても、将来厚生年金を受け取る会社員の方が、国民年金しかもらえない個人事業主より、年金の受給額が多くなるのです。

起業とフリーランスの違いも主にこの点にあり、事業主(法人)の場合、社会保険の加入は必須となっています。

個人事業主であっても、対象となる事業を行い、かつ従業員が5人以上の場合は、社会保険の加入が必須です。

責任については、それぞれの仕事の内容や、法律に違反していない範囲での話になりますが、フリーランスや経営者より責任は軽い場合が多いです。

たとえば、Aさんがある仕事を担当している時に、どうしても間に合いそうにない場合、同僚のBさんに仕事を変わってもらうことが容易です。

スポンサーリンク

雇われない生き方と就職のデメリット

スポンサーリンク

雇われない生き方のデメリット

・老後の社会保障が十分でない場合がある
 (特に厚生年金)

・倒産や破産のリスクがある

年金制度については、個人事業主と法人の経営者とで違いがあったり(厚生年金に加入できるかどうか)、主に個人事業者やフリーランス対象となる制度(小規模企業共済)があったりと、かなり複雑です。

さらに、基本的にこれらの申請は、必要なものを選択して自分から行う必要があるため、制度の内容をよく理解している必要があります。

とは言え、日本の制度は老後や破産時などにも対応したものが多いので、制度を利用することを前提とすれば、そこまで大きな金銭的な責任を負う必要はなくなるでしょう。

就職のデメリット

・働く時間・給料・スキルは会社に縛られやすい

・AI時代に職を失う恐れがある

長時間労働や低賃金が社会問題となっているように、お金・時間・スキルの面で制限が出てきます。

最近では、一部の企業で副業が認められてきていますが、多くの会社ではその制度がないか、あるいは制度があっても、活用できるゆとりがないのが実情です。

さらなる問題点として、「AIに仕事を奪われる層」と言われているのは、このグループに入っている人たちなのです。

今後のAIの発達や、会社の制度次第では、リストラされる可能性が大きいと言えます。

今従業員として働いている方は、今後も同じ働き方をするにしても、社会の動きについては目を離さない方がよいでしょう。

これは正社員だけでなく、パートやアルバイトといった職種の方についても同様です。

スポンサーリンク

自分に向いているのはどちらの働き方なのか

今後どのような社会になっていくのか、誰にも正確なことは分からない以上、世の中の変化をとらえて、柔軟にキャリア選択をしていくことが、すべての人に求められてくるでしょう。

起業家の条件の1つとしては、

自らの事業で社会を変える夢や目標がある人

ということが挙げられるそうです。

もしそのような志を持っている方がいれば、起業してみるのもいいかもしれませんね。

「自由なお金と時間が欲しい」という方であれば、フリーランスや副業という選択肢もあります。

「この社長についていきたい!」という方であれば、会社の中でスキルアップしていくのも良さそうです。

マスメディアでは、将来の働き方に対してマイナスイメージを持たせる情報が多いですが、「自分の働き方を、それぞれで柔軟に選択できる時代がくる」と言い換えることもできますね。

スポンサーリンク