スポンサーリンク

絶対勉強したい主婦必見!子育て中でも成果をだせる学習法とは?

スポンサーリンク

自分の時間なんてとれない!それでも勉強する時間を作るには?

子供を抱えた主婦や主夫の皆さんの中には、将来に向けて資格試験の勉強や、語学学習をしたいと考えている方も多いと思います。

しかし、そこで大変になってくるのが、

子供の世話に時間がとられて、全然勉強する時間がとれない!

ということではないでしょうか?

今日は「将来のためには、今ここで頑張らないといけないのに…」と毎日時間が取れないことを無念に思っている方に、おすすめの学習法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スキマ時間やトイレを活用しよう!

スキマ時間の活用については、耳にしたことがある方も多いと思います。

子供を抱っこしている時、寝かしつけている時、夜の子供が寝た後の時間…。

1日の中で片手が空いている時間があれば、それがスキマ時間です。

最近ではスマホを使った学習法も色々あるようですが、私自身は文庫本サイズの本(単語帳など)をお勧めします。

スマホは便利ではありますが、目に負担をかけやすいため、長時間の使用は目や脳を疲れさせる原因になってしまいます。

また、文章の内容もスマホに書いてあるものを読むのに比べ、本で読んだ方が頭に入りやすい傾向があるようです。

反対に、夜寝る前などの、座って学習できる時間がある場合は、その時にテキストとノートを使った学習をしましょう。

この時、ノートを手帳サイズのものにしておけば、昼間の時間に片手でノートをめくれるので、前日の夜にした勉強の復習ができます。

また、スキマ時間だけでなく、空間も利用しましょう。

トイレの壁に学習したことを張り出しておけば、復習にぴったりです。

料理をする方は、冷蔵庫に復習したい内容を書いて張り付けておけば、自然に目が入ります。

英語学習をしている方は、料理の時間は文字を追うことをやめ、英語のラジオをかけておけば気分転換になります。

ラジオは車の中や通勤中でも聞けます。

私は参考書を読み飽きたときは、電車の中でラジオ番組をスマホアプリで聞いていました。

手帳を使って学習計画をコントロールしよう!

子供の都合が優先されてしまう主婦や主夫の方は、計画的な学習をすることがとても難しいと思います。

そこでお勧めしたいのが、手帳の活用です。

手帳は未来の予定を書いておくだけでなく、その日に学習したことを記録するのにも使えます。

参考書の中の学習した範囲や、復習すべきポイントを書いておくと、後で見直した時にモチベーションのアップや、効率的な復習につながります。

また、当初自分が予定していた学習計画とのズレが一目でわかるようになるので、次の学習の予定が立てやすくなります。

に計画を立てて、その通りになるように努力していくのではなく、自分がよく理解できていないポイントを洗い出して、こまめに学習計画を修正していくことに使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

勉強したことをしっかり身につけられるような学習法を考える

主婦(主夫)はこれにつきます。

時間を捻出しようにも、子供などの他人の都合によって、自分の時間が短くなったり長くなったりする場合は、自分の努力だけではどうしようもありません。

そのため、短い時間をどれくらい有効に使えるかがポイントとなります。

学習しても、しばらくしたらすっかり忘れてしまった、というのであれば、非常にもったいないことだと思います。

上記の方法から使えそうなアイディアを、みなさんそれぞれに合ったやり方で実践してみてください。

スポンサーリンク