【主婦も必見】プログラミング学習を挫折しそうな人のためのやる気UP術

まどの(@tekuteku0601)です。

今回は、「プログラミング学習を挫折しないコツ」について書いていきたいと思います。

  • プログラミング学習をするモチベーションが下がっている人
  • 子育てしながらプログラミング学習をしている人
上記の人は必見です。
また、「プログラミング学習をすでにやめている人のための転職方法」についても別記事で解説しています。
関連記事

まどの(@tekuteku0601)です。今回は「プログラミング学習に挫折した人の転職方法」について書いていきます。エンジニア転職をしようとして挫折した人副業目的で勉強して挫折した主婦(主夫)上記の人向けです。「挫[…]

それではまず、「なぜプログラミング学習は挫折しやすいのか」について書いていきます。
 
スポンサーリンク

なぜプログラミング学習を挫折しそうになるのか

稼ぐまでのゴールが見えない

ゴールに向かう

「このまま学習を続けても、自分が稼げるようになるイメージが沸かない」

と考える人は多いです。

この不安を持つのは当然で、すでにIT業界で働いている人は仕事に困らないことが多い一方で、未経験者は、かなり大きなハードルを越えなくてはいけません。

なぜ大変なのかというと、

  • 初心者にとってベストな仕事の獲得方法は、約半年ごとにトレンドが変わる
  • 「未経験者採用枠」が業界全体で縮小している
という大きな2つの要因があるからです。

1~2年前は、
クラウドソーシングサービスで受注→企業からの直受注でフリーランスデビュー
もしくは、
企業に就職→1~2年後に退職してフリーランスデビュー
というのが未経験者のトレンドでした。
しかし、現在はこれらのトレンドは下火になっており、企業側も未経験者の採用にかなり慎重になっています。
これまでのように、「勉強して、とにかく営業をかける」という安易な転職スタイルでは、通用しなくなっているのです。
では、現在の未経験者のベストな転職方法はどうなのか?という答えについては、
「自分の希望する働き方にマッチする企業に好かれてもらう」スキルセットにする
というのが私個人の見解です。
例えば、在宅ワークを希望する場合は、在宅ワークOKの求人を探し、その会社が求めるプログラミング言語を学んでいくのが一番の近道です。
 

分からないことが質問できない

プログラミング学習

独学で学んでいる人はもちろん、スクールなどでメンターサービスを受けている人にも共通する悩みが

 
悩めるイヌ
どこが分からないのか、分からない…
という悩みです。
自分が理解できていない部分を言語化できないために、ググることも、質問することもできずに、ひたすら時間が過ぎていく…。
という経験が、プログラミング勉強を始めたばかりの人には多いのではないでしょうか?
プログラミングスクールの場合は、メンターさんも初心者がどこで詰まりやすいのか把握しているので、そこまで悩む必要はないと思います。
とは言え、「自分で試行錯誤した後で質問してください」というニュアンスで案内をしているところも多く、
「分かりません!」
と投げやりに言うのも、ためらいますよね。
下記に「質問するときの型」を用意してあるので、まずは型に沿って質問してみましょう。
〇章のjQueryの課題で詰まっています。

タブ機能の作成ができません。

変数の定義の仕方が間違ているのかと疑い、jsスタイルシートの〇〇行目を、

××から△△に変えてみましたが、動作しませんでした。

〇〇行目の部分が間違っているのか、ほかの部分が間違っているのかも分からないため、ヒントをお願いします。

ポイントは、
「テキストのどの部分が分からないか冒頭ではっきり示している」
「自分が検証したことを明記する」
「自分の着眼点が間違っているのか、ほかの部分に間違いがあるのかを聞く」
という部分です。
「何が間違っているのか分からない」「質問の仕方が分からない」
という人は、まずこの型に沿った質問をしてみましょう。
これだけで、質問の仕方に悩むことはなくなります。
 
スポンサーリンク

プログラミング学習を挫折しない方法とは?

挫折しそうになる原因は、上記の理由だけでなく、「勉強を続けるモチベーションが下がってくる」という理由もあります。

ここでは、モチベーションが下がった時の対処法について解説していきます。

まずは休息をとる

「いや、何言ってんだ。早く稼ぎたいから、早く勉強しないとダメなんだよ」

と思った人もいるかもしれません。

しかし、モチベーションが下がっているときに、無理に学習を続けると、脳が「プログラミング=苦痛なもの」という認識をしてしまいやすいです。

一時的には勉強時間を延ばすことができるかもしれませんが、数日後に精神力が持たなくなってしまう、ということに繋がりかねません。

「一刻も早く稼げるようになりたい」という気持ちは分かりますが、ご自身の気持ちと体を労わってください。

休憩の方法は、「一度プログラミング学習から離れる」というのもアリですが、それでは不安だという人は、

IT業界のトレンドや、自分が就職したい企業の情報収集
をしてみましょう。
仕事をするには、業界全体のトレンドや、企業の情報収集は欠かせません。
プログラミング学習以外にも大切なことなので、ネット検索、SNS検索、本、YouTubeなど、様々な媒体で情報を集めてみてください。
「IT Leaders」「IT media」ではIT業界全般のニュースを取り扱っています。
求人情報サイトのメディアだけでなく、IT系のニュースサイトもぜひチェックしておきたいですね。
企業によっては、面接で「どんなニュースサイトを見ていますか?」と聞かれることもあるようです。
 

SNSで学習報告をする

スマホのSNS

同じくプログラミング勉強をしている人と励ましあう
というのは、単純ですが、モチベーションを上げやすい方法です。
TwitterやFaceBookを中心に、勉強報告をする場があるので、ぜひ活用してみてください。
Twitterの場合は、「#プログラミング学習」「#駆け出しエンジニアとつながりたい」といったタグが使われやすいです。
注意点としては、
  • 「#プログラミング初心者」などの初心者をアピールするタグを使いすぎない 
  • 悪質な営業DMに気をつける
    というものがあります。
    「めっちゃ初心者です!!」という人よりは、経験のある人に企業は仕事を頼みたいものです。
    勉強を始めたばかりのときはともかく、これから仕事する人は、もう上記のタグは使わなくてもいいでしょう。
    また、最近では減りましたが、DMで営業をかけてくる人もいます。
    良心的な企業・人もいますが、中には薄っぺらい情報商材を高値で売りつける悪質なアカウントもあるので、注意してください。
    スポンサーリンク

    簡単なサイトやアプリを作って公開する

    プログラミング学習

    こちらもSNSを活用した方法ですが、より効果が高い方法です。

    良質なプログラミング教材は、「実際に簡単なアプリやHPを作ってみる」という内容を含んでいます。

    まずは簡単なプログラムからでいいので、自分で作って動かしてみましょう。

    SNSに公開できるようなら、公開してみるのもアリです。

    ここでの目的は、「他人にチェックを入れてもらう」というよりも、「自分の作品を公開することに慣れる」ということにあります。

    1,大勢の人に向けて公開する

    2,公開することに慣れる

    3,アウトプットしたことで改善点が見えてくる

    4,改善する、または新しいプログラムを作る

    このサイクルをまわしていくことが、実力が身につく学習につながります。

    子育てしながらプログラミング独学をしている人へ

    SNSに振り回される必要はない

    忙しい人

    記事を読んでいる人の中には、小さなお子さんを抱えながらプログラミング学習をしているお父さん・お母さんもいると思います。

    よくある悩みとしては、

     
    子育てネコ
    パソコンを開いて勉強する時間がなかなか取れない…
    というのがあります。
    私自身も同じ悩みを抱えていたので、焦る気持ちがよく分かります。
    Twitterを見ていると、自分より後に学習を始めた人が、いつの間にか先に進んでいるのを見たのは、1度や2度ではありません…。
    覚えておきたいのは、
    SNSは、うまくいっていないことを投稿する人は、そんなに多くはない
    ということです。
    まめに学習報告を上げている人もいますが、私の見る限りでは少数派です。
    私自身も、途中で力尽きてしまったときは、SNSを開くこともできませんでした。
    情報収集の手段として、SNSを活用するのはいいことですが、もし焦りを感じているようなら、一度SNSから離れてみることをお勧めします。

    学習はPCよりスマホ、本をメインに

    読書

    学習方法も、PCよりはスマホや本など、片手で持てるものを使って進めた方がいいかもしれません。

    確かに、プログラミングはPCで実際に手を動かした方が実践的ですが、小さなお子さんの面倒を見ながらPCを開くのは、なかなか大変です。

    私は、Progateのスマホ版と本を使ってHTML/CSSとJavaScriptの学習をしていました。

    そして、子供が寝ている時にパソコンを開いてPC版のProgateで学習する、という生活をしていました。

    他にもYouTubeのプログラミング講座を流し聞きするなどの方法もあるので、試してみてくださいね。

    流し見(流し聞き)を繰り返すだけでも、意外と学習できるものです。

    休みや休日を設けながらでいいので、少しずつステップアップしましょう。

    スポンサーリンク

    まとめ:「いつも10割の成果」を求めない

    休日
    • 学習の先のゴールを明確化する 
    • まずは質問の型に沿って質問してみる
    • スマホや本の学習でも、割と身につく
    • 休むのも勉強のうち
      ということでした。

      私はガッツリ勉強した後は、休息日を作らないと次のステップに行けなかったので、1週間に1日は休んでいました。

      「毎日プログラミング学習をしていないと不安!でもやる気が起きない…」
      という人は、朝起きた後と夜寝る前に、5分ほど教材を流し見するだけの「休息日」を作ってみてください。
      ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

      スポンサーリンク