スポンサーリンク

【最終手段!】子育て中の睡眠不足を解消する方法

まどの  いと(@tekuteku0601)です。

8月も後半に差し掛かってきましたね。

小さなお子さんを育てている方の中には、「睡眠不足で日々の疲れがとれない」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、「睡眠不足を解消するために色々試したけど、ぜんぜん効果がなかった!」

という方のために、最終手段とも言える睡眠不足を解決する方法を書いていきます。

今回のポイントは、

朝起きるときに太陽の光を浴びる
 →体内時計を調節する

 

汗をかかせて遊ばせる
 →夏場は体調には十分気を付けて

ということです。

 

ではまず、「最終手段」の前に、2点だけ基本的な対策について書いていきます。

 

スポンサーリンク

基本的な解決策その1:夫婦で交代で子供を寝かしつける

パートナーに寝かしつけを替わってもらうことで、睡眠負債を減らす方法です。

ただしこの方法は、パートナーに負担をかけることになるので、2人で話し合いながら、やっていくことをおススメします。

 
ねこ
日中は自分が子供の世話をしているのだから、寝かしつけくらいはやってもらって当然でしょ!
 
というスタンスでやっていくと、夫婦の不協和のもとになります。

 

・夜になかなか寝ない子供
 →最初は夫婦2人で寝かしつけてみる

 

・フレキシブルな当番制にしておく
 →夫婦どちらかに疲れが溜まりすぎないようにする

ということを意識すると、上手くいくようです。

 

ただ、今困っている方は、パートナーの協力を得られない方が多いかと思います。

そこで、もう1つ基本的な対策をお伝えします。

 

スポンサーリンク

基本的な解決策その2:朝に日光を浴びる

「朝起きた直後に日光を浴びると、体内時計を調節できる」という話は有名ですね。

これは大人でも赤ちゃんでも共通しているので、

大人も子供も朝起きた直後に、カーテンを開けて日光を浴びる
ということをまず習慣づけてみてください。

 

朝のリズムを体に覚えさせることは、昼間に元気に活動できるようになるだけでなく、夜の寝ふかしを防ぐことにつながります。

小さいお子さんを育てている親御さんが寝不足になる原因は、「子供が夜にしっかり寝てくれないから」というものが圧倒的に多いです。

過去の経験として、私は「朝の決まった時間に起きて日光を浴びる」という習慣を作り、睡眠のリズムを整えることで、寝不足によるストレスや頭痛は数日で改善できました。

ただし、

 
ねこ
色々試してみたけど、子供は寝てくれないよ!

という方も中にはいるかと思います。

そこで、「何をしても夜にしっかり寝てくれない!」という親御さんのために、最終手段について解説していきたいと思います。

 

最終手段:日中に散歩に出かける

小さい子供は、持っている体力のすべてを遊びに使おうとするため、大人がそのペースに合わせていると、すぐにバテてしまいます。

そこで、

日中に子供を外に連れ出して散歩させる
という手段を使います。

 

この時注意したいのが、親子両方の体力で、

・夏の猛暑の時など、体力に気を配らなくてはいけないときがある

 

 →外に出るのは長くても30分前後にして、水分とミネラルの補給に気を配る

・親子のどちらかの体調が悪そうなとき

 →無理せず外に出ない

ということを徹底してください。

 

特に小さな子供は、地面から受ける熱を体にため込みやすいので、大人よりも熱中症を発症するリスクが高いです。

毎回外に連れ出す時は、ご自身とお子さんの体調には十分気を配って下さい。

それを前提とすれば、この方法はとても効果があります。

私自身、子供が夜に全く寝てくれない経験を持っているので、いろいろ工夫したのですが、結局屋内では子供の体力はなかなか減らず、夜になっても遊びたがるということが続きました。

そこで、毎日午前と午後のそれぞれで1時間ずつ外に散歩に行く時間を作り、子供のストレスをできるだけ解消してあげるようにしました。

こうすることで、

・散歩の時間が少ない時

 

 →昼寝もせず、夜の寝つきも悪い(2時間近く起きている)

という状態から、

・散歩の時間を多めにとる

 →昼寝1時間、夜は30分以内に寝るようになった

という効果が出たので、散歩の時間を長めにとることは有効です。

 

ただ、子供の体力に合わせようとすると、世話をしている親御さんの方が消耗してしまいます。

子供が寝ている時は、自分も昼寝などをして休息をとるようにしてください。

子供と休息をとるタイミングを合わせることで、体力的なストレスをかなり減らすことができます。

 

スポンサーリンク

まとめ:完璧さを求めず、睡眠をとる

子供が小さいうちは、人手が必要になります。

核家族で子育てをしていくのであれば、人手は常に不足していると考えた方が良いでしょう。

子供の安全はとても重要なことですが、親御さんの健康も同じくらい重要です。

夜の睡眠時間を確保することは、親子両方の健康につながります。

睡眠のとり方については、下記の記事も参考になると思います。

→「スタンフォード式最高の睡眠」の感想と実践

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク