「スタンフォード式最高の睡眠」の感想と実践

「日中眠いのに、夜は目が冴えてしまう…」「この頃疲れがとれない…」という悩みを抱えていませんか?

私も、ブログを始めてから、夜寝る時間がまちまちになってしまったためか、昼間も眠気におそわれていました。

そこで、以前から話題になっていた「スタンフォード式最高の睡眠」という本を読んで、いくつか実践してみたところ、昼間のパフォーマンスが改善し、夜はすぐに寝つけるようになりました。

 

この本は西野精治さんという、スタンフォード大学で睡眠の研究をされている方が、医学的知識がなくても分かりやすいように書かれています。

今回は、本の内容でポイントとなる部分をいくつか紹介し、私自身の経験も合わせて、「翌日に高パフォーマンスを出せる睡眠のとり方」について、書いていきます。

今回のポイントは、

・睡眠は「眠り始めの90分」が重要!

・睡眠負債は健康にも仕事にも悪影響!

ということです。

ではまず、「スタンフォード式最高の睡眠」の簡単な紹介からさせていただきます。

「スタンフォード式最高の睡眠」はどんな本?

前述の通り、西野精治さんという、スタンフォード大学の現場で教授として研究している方が書かれた本です。

昔の研究から最新の論文まで引用されていますが、医学知識が全くなくても、内容がするすると入っていくように、分かりやすく書かれています。

主に、忙しいビジネスマンを対象に書かれているので、

・夜の就寝で、翌日に疲れを残さない方法

・絶対寝れない昼間の会議の対処の仕方

についても、実用的で分かりやすく解説されているのがポイントです。

読んだその日の夜から使える方法がほとんどなので、ビジネスマンだけでなく、忙しい主婦の方や、スポーツで結果を出したい方にも、是非読んでもらいたい本です。

最高の睡眠のポイント

質の良い睡眠のカギは「眠り始めの90分」

「睡眠は6時間以上とるのが良い」「睡眠時間を1.5時間の倍数分とると寝覚めが良い」ということは、聞いたことがある方も多いと思います。

それらの説は、最新の研究結果では、「効果があるが、個人差が大きい」ということで、以前ほど重要視されていないことが言及されています。

この本で重視されているのは、主に次の3点です。

1、睡眠時間は6時間程度が良い

2、睡眠時間が6時間未満でも8時間以上でも健康に悪い

3、眠り始めの90分を「しっかり深く」眠る

もちろん、個人差があって、遺伝的に睡眠時間が短くても平気な方も中にはいるようです。

しかし、多くの方は、仕事のパフォーマンスを悪くするだけでなく、脳の健康を損なうと言われています。

睡眠不足が、将来の認知症のかかりやすさにも影響してくるということなので、「単なる寝不足だ」ということで片付けない方がよさそうです。

「結果」を重視するなら睡眠の質を上げよう!

アメリカの各企業のトップや、軍の司令官、スポーツトレーナーなどの人々も、睡眠の質については関心が高いようです。

常に高いパフォーマンスや結果を求められる人たちは、日中の頭と体の使い方に気を配るだけでは成果を出せないことを知っているのです。

もしあなたが、努力しても仕事で結果が出せないことで悩んでいるのなら、睡眠のとり方について、今一度見直してみるといいかもしれません。

また、この本では、「夜寝る時間があまりとれないけれど、仕事中に居眠りしたくない」という方のための対処法も書かれています。

睡眠の悩みを抱える現代人にとって、実践的な解決方法は、是非とも知っておきたい情報です。

意外と盲点な「古いベッドで寝るリスク」

この本の内容とは直接関係のないことですが、私自身は、古いベッドを使い続けたことで、睡眠の質が悪くなっていた時があります。

「大人になっても使える大きなサイズのベッド」を子供のころから使っていたのですが、10代後半は日中に居眠りしてしまうことが多くありました。

その時は、成長期や、部活動で早起きが多かったからだろうと考えていました。

しかし、使い続けて約20年後に新しいベッドに変えてから、それまで不眠や居眠りで悩んできたのがウソのように、朝起きるときにスッキリ起きれるようになったのです。

後で確認したのですが、古いベッドのフレームの部分が曲がっていたため、敷布団を敷いても、ゆがんだ形で体にあたってしまっていたのです。

10年以上使い続けているベッドがあれば、一度フレーム(骨格)がゆがんでいないか確認してみてください。

その場合は、ベッドを変えるだけで不眠などの悩みが解決するかもしれません。

まとめ:仕事ができる人は睡眠を重視する!

睡眠の質を上げることは、好パフォーマンスと認知症リスクを軽減することにつながります。

逆に、不眠や居眠りなどの睡眠負債を無視し続けると、いつまでたってっも仕事が思うようにはかどらず、イライラしがちになり、さらに認知症や肥満のリスクが上がってしまうことがまとめられていました。

より良い睡眠で、より良い人生がおくれる

と言えそうですね。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

余談ですが、この本はマンガ版もあります。

サクッと読みたい人は、マンガ版がおすすめです。