子持ち主婦がTeachAcademyのフロントエンドコースを選んだ理由

プログラミングスクール

まどの(@tekuteku0601)です。

今回はWeb制作で在宅ワークをしたい主婦向けに、Web制作に必要なスキルが学べる「TeachAcademy(テックアカデミー)のフロントエンドコース」の紹介をします。

フロントエンドコース公式ホームページはこちら

・子育てをしながらエンジニアになりたい人

・在宅ワークで稼ぎたい人

・プログラミングスクール選びを迷っている人

上記の人に役立つ記事になっています。
それではまず、TeachAcademyのフロントエンドコースの特徴について書いていきます。

TeachAcademyフロントエンドコースの特徴

特徴を調べる
 8週間プラン12週間プラン16週間プラン
社会人209,000円259,000円309,000円
学生179,000円209,000円239,000円
学べるスキル

・HTML&CSS

・JavaScript/jQuery

・Vue.js

・Bootstrap

・Web API

・Firebase

コース終了後は、コーディングの仕事に必要なスキルが、一通り身につきます。

Web制作に必要なスキルの多くを学ぶことができます。

フロントエンドコース公式ホームページはこちら

TeachAcademyのフロントエンドコースを選んだ理由

プログラミングをする女性
・Web制作に必要なスキルをカバーしている

・値段が比較的安い

・評判がおおむね良い

・在宅で受講できる

世の中には多くのプログラミングスクールがあります。

しかし、「小さい子供を抱えている主婦がプログラミングを習う」という前提でスクールを探すとなると、実は選択肢がかなり限られます。

TeachAcademyのフロントエンドコースは上の4つの条件をすべて満たしているので、受講することに決めました。

あと個人的には、

メンターとのカウンセリング時間
が限られるため、面談可能な時間が多いTeachAcademyが自分に合っていると思いました。
スクールに投資する以上、サポートについてもチェックしておきたいですよね。

メンタリングの特徴については、下記に簡単にまとめておきます。

・パソコンとWebカメラが必要

・毎週2回

・週7日、13時~23時の間で約25分行う

 

未経験から在宅ワークをするなら「HTML、CSS、JavaScript」を学習しよう

パソコンで学習する

Web制作(コーディング、WordPressなど)の仕事をしたいのであれば、基本となるプログラミング言語が

・HTML&CSS

・JavaScript

の2つになります。

(WordPressについては、このほかにPHPやWordPressの勉強もする必要があります)

特にJavaScriptについては、しっかりと教えてくれるスクールやコースが多くありません。

しかしWeb制作の仕事をする上では、高確率で必要になってくるプログラミング言語でもあります。

独学することも可能ですが、サポートがついている状態で学習したほうが、効率ははるかに良いです。

フロントエンドコースでは、このほかにもWeb制作の仕事をする上で欠かせないツールの使い方も学ぶことができます。

フロントエンドコースのデメリット

悩む
・WordPressの仕事もしたいなら、独学か別コースの受講が必要

・スケジュール管理能力が必要

Web制作の中でも高単価な案件が多いのが、「WordPressを用いた案件」です。

HTML&CSSのスキルがあればできるコーディング案件が、1件につき5万円前後の相場である一方、WordPress案件は1件につき60万円前後くらいになります。

(案件により価格には幅があります)

ただ、TeachAcademyのフロントエンドコースを受けただけでは、WordPressの仕事をとれるレベルには到達しません。

自分で独学するか、別のWordPressコースを受ける必要があります。

WordPressコース公式ホームページはこちら

また、メンターに学習を見てもらえる期間は限られているので、学習スケジュールを自分で調整するのが苦手な人には向いていません。
(テキストはメンターサポートが終了しても閲覧が可能です)

サポート期間が過ぎても延長ができる

ただ、最近ではココナラやメンタなどで、メンターを個人的に依頼することもできるので、あまり心配する必要はなさそうです。
もちろん、TeachAcademyで受講期間を途中で延長することもできます。

(延長料金が別途必要)

受講期間は最短の8週間プランの他、12週間プラン、16週間プランがあります。

1日4時間以上の勉強時間がある人は、8週間プランで良いと思います。

まとめ:子持ち主婦に向いているのはTeacAademyのフロントエンドコース

オンライン学習
・Web制作の仕事をしたいならフロントエンドコース

・WordPressは別コースで習う必要がある

・メンタリングの時間が取りやすい

スケジュールの余裕があまりない人は、TeachAcademyが向いています。

ただ、メンタリングを2回無断欠席してしまうと、次回からのメンタリングができなくなってしまうので注意です。

メンタリングは毎回必ず出席しなければならないものではなく、予定がある場合は事前キャンセルできます。

他にもプログラミング学習に不安がある人は、申し込み前にカウンセリングも受けることができるので、試してみてください。